• ホーム
  • メタプロとは?
  • 製品一覧
  • 設備一覧
  • 制作工程
  • 地場紹介
  • リンク集

ニュースリリース

経済産業省「地域未来牽引企業」に選出されました

この度、弊社は今後の地域経済を牽引することが期待される「地域未来牽引企業」に選出されました。

この「地域未来牽引企業」とは、経済産業省が初めて行う取り組みであり、選定にあたっては、高い付加価値を創出しているかどうかといった定量的な分析と、自治体や金融機関等地域から、今後の地域経済への貢献等が期待される企業としての推薦という両面から選定されました。

選定された企業には、地域の特性を生かして高い付加価値を創出している企業、地域内で多くの調達等を行いながら域外で販売するなど地域の経済成長を牽引する企業、こうした事業を既に実施している企業、今後も一層積極的に行うことが期待される企業、こうした取り組みを今後本格的に行うことが期待されている企業などが含まれております。

弊社は、この「地域未来牽引企業」に選出されたことを誇りに、今後も一層地域経済に貢献できるような企業を目指してまいります。

 

■経済産業省「地域未来牽引企業」についてはここをクリックしてください。

http://www.meti.go.jp/press/2017/12/20171222003/20171222003.html

 

2018.12.27産業新聞社様「地域未来牽引企業」←(クリックすると開きます)

 

 

 

『求人』を出しました

 久しぶりに求人を出しました。

弊社では、働き方及び意識改革を進めています。

労働時間削減や労働環境の改善を進めると、現状どうしても人手不足に陥ります。

仕事内容は、事務所、工場、溶接、加工、塗装、図面、工務、幹部候補、海外事業、社長補佐・・・

未経験・経験あり、資格なし・資格あり、は問いません。面接時に確認しそれ相応の内容で対応します。

今回は多方面で募集したいと思います。

 

 問い合わせは、直接ではなくハローワークを通じて連絡ください。

私や熊坂とネットワークがある方は、直接確認して頂いても構いません。

 

 このまま求人を出すのを続けるか、タイミングを見て停止するかは、今のところ検討中です。

社内で生産性向上を進めていますので、成果が上がり、さらに社員に還元できるようになれば募集停止になります。

弊社では、歴史上すべて正社員のみとして募集してきましたが、短時間労働など含め、多様化している社会環境に順応するため、アルバイト・パートでも募集します。

報酬・待遇・福利厚生など、私なりに強化していますし、今後も成長させていきます。

求人票には記載されていない福利厚生も沢山あります。

 

 会社の利益は、「社員と家族を守るためのコスト」この考え方を共有できる方を希望します。

社内の価値観を合わせる努力も続けています。

 この変革期を乗り越え、将来、メタプロで仕事をしていて本当に良かったと言われるような会社にしたいと思っています。

この改革を進めるにあたり、メタプロを通じて自身の目的、夢の実現」を目指し、「会社の方針に協力できる方」を希望しています。

 

 

株式会社メタルプロダクツ 代表取締役 渡邊 進

 

 

モルドバ駐日大使ブマコフ夫妻をお招きしました。

この度、8/23~25にかけて、モルドバ駐日大使ブマコフ閣下夫妻をお招きしました。

新庄市の山尾市長様を表敬し、その後、神室産業高等学校で講演して頂きました。

その後、雪氷施設を見学し、ほかにも多くの施設や一般の方と触れ合いました。

雪氷施設:http://www.bosai.go.jp/introduction/project/location/location03.html

 翌日は、真室川町役場の職員の方の動向の元、多くの企業や農業を見学しました。

午後からは、真室川町長を表敬し弊社を訪問しました。

 弊社では、会社説明、工場見学、意見交換を行いました。

当日は、真室川町長様、副町長様、はじめ多くの職員の方が出席し、弊社を支えている方々も出席して頂きました。

 この環境が当たり前では無く、非常に恵まれた環境と言うことは重々承知しています。

この環境に感謝しています。

 地方の中小企業が単独で大使をお招きするのは珍しいと聞きました。

弊社が、2回目とはいえスケジュール調整や段取りなど大変だったのは事実です。

公共機関のような進め方は出来ませんが、ブマコフ大使夫妻は、一切嫌な顔もしませんし、反対に常に周辺の方も含めて気遣いをされており、人との接し方を学ぶことが出来ました。

ブマコフ大使の略歴も素晴らしいですが、実はブマコフ婦人の略歴も素晴らしいです。

そのようなことは一切出さず、いつも大使に寄り添いサポートされている姿も学ぶところかと思いました。大変ハードスケジュールのも関わらず最後までお付き合い下さりました。

 ブマコフ大使のお言葉に対し、私自身、出来ることはチャレンジしたいと思っています。

 

 多くの方々のご支援の元、無事終了できたこと嬉しく思うとともに、あらためてお礼申し上げます。

 

https://www.asahi.com/articles/ASL8S3CMRL8SUZHB007.html  朝日新聞デジタル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る