• ホーム
  • メタプロとは?
  • 製品一覧
  • 設備一覧
  • 制作工程
  • 地場紹介
  • リンク集

社員ブログ

歓送迎会のこと

 

 現寸の勉強をしています。ドニです。

先日、「研修会・歓送迎会」を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

餅つきです。かけ声をかけながら餅つきをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インドネシアに帰国した4期生の皆さん

モルドバに帰国したアレクサンダーさん

新しく入社した皆さん

みんなは 笑顔でこの会を過ごしました。

絆でつながっていますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浴衣を着て 1枚( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザムザムさんは「愛の壺」の中が気になりました。

何が入っていましたか?(*´ω`*)

メタプロ社員の仲間と過ごす時間は、本当に幸せです。

ありがとうございます。頑張ります!

 

完全に潮目が変わった

逆イールドの発生、消費税増税、コロナウイルス、円安でありながら金は底堅い、日本企業が海外資産を日本円に変えているのに円安・・・

緊急アンケートの嵐、3月からは誰でもわかるような姿として現れるのかと思うとなんだか気が重い。

今までの環境を毛嫌いしていた方は「チャンスが来た!!」もしくは「これから反撃が出来るぞ!!」と勢いが出てくるのかと思います。

耐える準備をしていましたが、まだまだ反省するところがあります。

今までの準備が妥当だったのか経営者として試されます。

次のチャンスに備える経営を心掛けます。

 

決意表明

先日、社内で研修会、歓送迎会、交流会を行いました。

ほとんどの社員が参加したことは大変嬉しく思います。

これから予定されている研修会の講師の先生を向かえての講義。

実習生3名とモルドバの会社から研修で来たアレクサンダーさんの4名の送別会。

新入社員5名(日本人)の歓迎会。

あとモロモロのイベント多数、カラオケ大会もあり、カラオケ大会では社内全体で行う事ははじめてでしたが大変盛り上がりました。

やはりその場を楽しめる人が揃うと場がいいですね。

 

当日、社長として社員向けに決意表明をしました。

人は発信すべき時と受信すべき時があります。社員には、今日は受信すべき時であると説明しました。

40分以上にわたる決意表明は自分自身の節目であり変革期、過渡期と認識しています。

4月で社長業をして24年目になることから初心に戻り会社が生まれ変わるくらいのスタートを切りたいと熱望しています。

過渡期とは、「ある状態から新しい状態に変化していく時期」という意味があります。

 

コミットとは言っても、私は一年中どこかで何かをコミットしっぱなしなので、多くを実行しています。

社長という立場なので、簡単に誤魔化せるし有耶無耶も出来ます。何と楽な立場かなのかと思います。

しかし、有言実行できないリーダーは信用されませんしまとめる事も出来ません。

今回は少し過激な決意表明だったので賛否両論あるようですが、社員によっては翌日早々に私の決意表明に対し、自分の決意表明を提出する猛者もいて、私の性格を知っているためかプレッシャーと緊張感を持たせてきます。パプテマス・シロッコレベルです。うまいもんです。そうやって社長を鍛える社員は立派です。

 

 昨年まで続いた多くの先行投資という種蒔きは、芽が出て来ています。そしてそれらに適した環境を提供することで元気よく育ちます。会社のみならずその時の社員で恵みの収穫をし味わいたいと思います。

 

いつもながら、なんとなくやるのではなく、コミットし実行に移しているのですが、社員には言っているけど、自分は出来ていない、やるっていったのに全然やっていない「人に厳しく自分に甘い」これは人として信用を無くします。

やるには簡単だしやめるのも簡単です。継続する、やり抜く、やりきる人は少ないです。

 

自分に出来ない事は言わない、言ったからにはやる。

 

昔から、『才能よりもやり抜く力、短期でも長期でも目標に向けた「情熱」「粘り強さ」このやり抜く力』を評価してきましたが、このことは永遠と私の大切な価値観になるかと思います。

表面だけではなく実のある生命力あふれる人材と一緒に働きたい。

 

ページトップへ戻る