新型コロナウイルスの影響が拡大しています。

日本と諸外国での意識の違いや感覚がまるで違うことが気になっています。

ベトナムでは、国民の食糧安全保障のためコメの輸出禁止をしました。

他国でも似たようなことをしていたり、もっと大規模な規制をかけようと検討しています。

食料がいつも通り生産できていること、物流がいつも通り流れていること、この2つはとても重要であり止まった瞬間にパニックになるのかと思っています。

世界の方向性は、食糧危機に向けて取り組んでいることは事実です。

 日本の農業で何らかの障害で不作や収穫ができないなどということになれば大変なことになるのかと思います。

昨今、天候に左右される、生き物を育てるなど畜産において、毎年様々な影響を受けています。

 

 初期型BCGの予防接種を受けた人は新型コロナウイルスに感染しにくい、感染しても重篤化しずらいらしい。

「オーストラリア南東部メルボルンにある「マードック・チルドレンズ研究所」の発表から

この初期型BCGの予防接種を受けている国がいくつかあるのですが日本も入っています。

ちなみに中国、韓国、フィリピンなどは新型BCGの予防接種です。

現在、任意の国はアメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、オーストラリア・・・もっとたくさんの国が該当する。

もしこの話が本当であれば、日本人は幸運です。日本だけは逃げ切れると思ってはいませんが、民族、習慣など日本人特有の文化も含めて、いろいろな総合的に重なっていることで、他国より影響が少ないのかもしれません。

とはいいつつ、備えあれば患いなしです。

 

中国では、新型コロナウイルスに続いて、ハンタウイルスが発生しました・・・