コロナの影響で環境が変わり、今までの経験で事業計画など作ってきましたが、大きな方向性すら変えなければならない状態となり、あらためて未来の書き直しをしています。

しかし、結局は今までの経験や事例からの延長線になることが多く、だから根本的に、本質は・・・

「現実」「真実」「事実」は違いますので、環境の変化でガラリと様子が一変しています。

一刻も早く、未来への支援をしなければならない状態なため、いつ時間切れになるか分かりませんし、振り返ればチャンスタイムは終わっていたかもしれません。

 私自身、気軽に諸先輩方からのアドバイスも頂戴でき、その他環境に恵まれて、多方面よりご支援頂いていることもあり、やれることは精一杯努力しているところです。

経営は1人で出来るものではないので協力者は必要ですが、コロナの環境になったこともあり、周りがより鮮明になって来たのかと思います。

 昨日は、モルドバのメーカーとWEB会議をしましたが、本当にお花畑な日本と緊張感慣れしすぎている国との危機感、捉え方の違いに考えさせられました。