昨日、モルドバ共和国からウリアノブスキ外務・欧州統合大臣が来日していることもあり、歓迎会を兼ねた懇親会が開催され、モルドバとのつながりがある企業、個人の方が出席しました。

日本からは、外務大臣政務官の衆院議員・堀井先生が出席し歓迎のお話をされました。

 駐日大使のブマコフさんからの挨拶、来日した外務大臣の紹介、そして外務大臣が日本への感謝を述べました。

外務大臣は、とても若くハンサムで奥様はとてもスマートで美人でした。

外務大臣は、すでに情報を入手、勉強しており、弊社の存在も理解しており、「日本で唯一進出している中小企業として成功してほしい、うまくいけば事例となって、もっとモルドバに進出する企業が増えるとのことで、今後も最善を尽くして支援する」との暖かいお言葉を頂きました。

 堀井先生は、とても明るく気さくな方で、日本とモルドバの懸け橋になる存在です。

お話をしていても、モルドバを知っていることもあり話が盛り上がりました。

 

 モルドバの優秀な人材と日本企業が合致すれば、素晴らしい成果が出ます。

時間はかかりますが、コツコツ努力したいと思います。

引き続き、大企業が出来ない交流やアプローチを続け両国の友好関係構築に役に立ちたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ←モルドバ共和国外務大臣