最近、公共の場でキレる人は少なくなった?多くなった?

 

 先日、他国の田舎で自身のスーツケースを受け取るために、グルグル回る(名前忘れた)ところで待っていたら、一向に出てこない。

確認したら、全部の荷物は出てきたという。

何回か経験しているので、またかと思いつつ、後ろではカウンターで大声を出して怒っている方(日本人ではない:国籍は言いません)がいました。

偶然にも、一緒に羽田から乗り継いできたカップルです。こんな田舎なのに乗り継ぎも一緒でなぜか一体感が生まれ・・・

その方も私と同じく荷物が来なかったのです。とにかくキレて怒鳴りまくっていました。

職員の方は泣きそうになりながら対応していました。

 とにかく自分を主張し相手に非を認めさせる、そうしなければ自分が損をするので強く言うのは当たり前と言います。

そうしなければ、荷物など出てこないかもしれないと言います。

 

 結局、話がまとまるまで1時間以上かかり翌日の朝一の便で届く事になりましたが、その話も怪しい・・・

実際に、到着30分前に段取りしていたら、予定通り荷物が出てきました。

そして、お詫びとして日本円で約6,500円頂きました。

昨日、怒りまくっていた方はいませんでしたが、その後どうなったのでしょう。

 

 人はちょっとした感情の爆発でキレて、自分が積み上げてきたものを一瞬で失うことがあります。職場でもそういうことはよく起こります。

上司という立場にいる人は、キレたついでに自分がため込んできたストレスを弱い相手に全部ぶつけてしまうということがよく起こるからです。

人間関係が構築されていれば、自分を叱ってくれたなどと思われるかもしれませんが、そうでない場合は、常にそのことをお互いに背負っていかなければなりません。

 

 

『細道で犬に出会ったら、権利を主張して咬みつかれるよりも、犬に道を譲った方が賢明だ。たとえ犬を殺したとて、咬まれた傷は治らない』 by:エイブラハム・リンカーン