以前からフレディー・マーキュリーファンとしてお伝えしてきましたが、ボヘミアンラプソディでまた脚光を浴びました。

ボヘミアンラプソディでは、ラストシーン後のフレディーの話は一切ありませんでした。

見終わったとき、すぐにストーリーとしてどうなのか自問自答になりました。これはこれでいいのかなと思えました。

 ラストシーンから亡くなるまでの話を入れてしまうと違う展開になっていたかもしれません。

ボヘミアンラプソディ2なるものが出るのであれば、晩年の物語を見てみたいものです。

もし次回作がそのような内容であれば、かなり違った構成になるかと思います。

仲間に担がれてTVで告白したシーンは忘れられない。

 

 

『僕はスターにはならない、伝説になる!』 by:フレディー マーキュリー