お客様とお話しする機会に恵まれています。

そして、私に言いにくい事も結構話してくれるので有難く思っています。

個人的には、一般的には、普通は、だいたいそうですよね、メタプロさんだったら、渡邊社長だったら・・・

このような話は、ほとんどがその人の基準だったりするので、あなたと私は違うで・・・済むような話もあったりします。

日頃の気になっているところ、期待やらイメージやらどう考えているのかなど聞きたくてだったりします。

そのような中、本当に、真剣に考えているからこその発言があったりするわけで、それが痛恨の一撃だったり、場合によってはとても嫌な気持ちになったりします。

しかし、すぐにダメージを受けた分だけ気になっていたのか、見方を変えればそう見えるのだろうとか。

その後、忘れたころに見えないところで弊社や私のフォローやサポートをして頂いていることなど分かると、とても感謝する場面であり、やはり恩返し、もしくは私と付き合っていてよかったと思ってもらえるような人になろうと、あらためて決意するのです。

 

『ただ感謝して自分のできる事をするしかないんだよ』 by:上地雄輔