コロナショックに陥っていますが、まだ始まったばかりです。

ヨーロッパやアメリカの一部の方々からの考えが広がっていることもあり、やはり元の生活に戻るのは無理としか言いようにありません。

「私は私の生き方で生活する」という方が増え始めています。

コロナで苦しんだり死んでも構わないから、今まで通りの生活をする、そのような方々を尊重しなければなりません。

コロナの惨状、データも出ているにもかかわらず、この思想が生きるということは法律で制御できないところです。

いくら日本がコロナの管理が出来ていても、やはり輸出入、人の出入り無くして国際社会、経済は成り立たないため、それらの人々が移動するたびに日本への感染リスクは高まります。

日本の貿易依存度は約30%です。お隣の国は70%超えています。

日本は輸出大国と言っていますが、実際は内需比率が高いので、他国と違い鎖国レベルでも生き延びれる可能性が高いです。

輸出依存度は15%くらいです。世界第2位の内需国だからできる事はあるのかと思います。

鎖国をしても江戸時代のように、素晴らしい文化が成長し繁栄しました。

鎖国と言っても実際は、諸外国と交流をしていたこともあり、江戸時代のような鎖国をベースに日本の生き方を見い出してもよい気もします。

今までの経験と知識だけでは、到底対応出来ないので、臨時、特定、時限付など、一定期間だけでも思い切った対策を講じるのも一つの考えかもしれません。

コロナに水害にもうウンザリです。

大きな災害は重なったりするので地震などには警戒が必要かと思っています。