伊代はまだ16だから

 今年のGW期間中も昨年同様出歩かず、お願いされているレポートの完成と自社の事業計画書の作成に時間を使いました。

誰もいない静かな会社は仕事がはかどります。

レポート内容ですが、「チャンチャン」で何となくうまくまとめて提出も出来るのですが、分かっている人から見れば、そういうものだとすぐ分かってしまうため真摯に向き合う必要があります。

面白いことに、最後の一手を3つまとめて欲しいとのことで、最後の一手は一つしかないのでは???

と思いつつ・・・

自宅に帰り、珍しくTVをつけたところ、レッツゴーヤングをやっており、太川陽介、川崎麻世、マッチ、謎のバックダンサー勢ぞろいと、私自身ウキウキとなり、そして衝撃的な出会いがありました。

伊代ちゃんが、センチメンタルジャーニーを歌うのですが、歌唱力はさておき・・・

「シュビデュバ、シュビデュバ」という言葉が気になり、どのような意味だろうと調べたところ、「特に言葉自体に意味を持たない言葉」擬音語、スキャットとのことで、私自身なんか「おいおい」となり。

ダバダバ、パヤパヤパパパパッパーなど

なんとここからレポートの最後の一手が3つ出てきました。

さすが、伊代ちゃん(歌唱力は別として)結婚相手も含めて先見の明がある。

伊代ちゃん!さすが!!

ということで、伊代ちゃんのおかげでレポートが完成するのでした。