だいぶ前の話ですが、メジャーリーガーのダルビッシュさんが、質問されたときに、

「調子がよくなかった」とか「よくはなってきているけど」と言っていました。

違うアスリートさんは、

「調子が悪かった」とか「悪くはないのですが・・・」と言っていました。

同じ内容の質問をされての回答の違いに気づき、そしてそのような言葉を発する頭の中は何だろうと思いました。

 これがビジネスになると、

仕事が「成功するために調べています」

仕事が「失敗しないように調べています」

このように分かれます。

私自身、今まで「失敗しないように調べています」で経営してきましたが、アスリートとビジネスは違うと思っているので、やはり「失敗しないように調べています」を大事にしていきたいと思っています。

 

 

『何もかもが上手くいくはずはないのだから何もかも上手くいかせようとするのは、方法論として間違った考え方だ』  by:阿佐田 哲也